ふるさと納税にはワンストップ特例という制度があります。
この制度を使うと、確定申告が不要になるので税務署に行くのは抵抗があるとか、難しそうだから不安だという人は、ワンストップ特例を利用してみてはいかがでしょうか?

ワンストップ特例制度はどうやってやればいいの?


まず、ワンストップ特例を利用できるかどうかを確認してください。

5団体以内のふるさと納税制度を利用した場合に適応

確定申告をしない人で、給与取得者である


ふるさと納税を行った時に、自治体からワンストップ特例を行うための書類を送ってもらい記載して、ふるさと納税を行った自治体に書類を送って申請してください。


こちらから→ワンストップ特例制度


ワンストップ特例の書類の書き方




ワンストップ特例に必要な本人確認書類と個人番号確認書類




個人カードを持っている人
両面のコピーを提出する

通知カードを持っている人
通知カードのコピーと運転免許証または、パスポートなどのコピー
顔写真が入っていて、氏名生年月日、住所が確認できる書類が必要

どちらにも当てはまらない人
個人番号が記載されている住民票の写しと運転免許証または、パスポートなどのコピー


申請書を提出するときには、書類も一緒に添付することが必要になりました。忘れないようにしましょう!



ふるさと納税 さとふる