ふるさと納税を行うと、寄附金のうち2千円を超える部分は、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されるので、2018年の税金を控除、還付してほしいと思っているならば、2017年12月31日までに、ふるさと納税を行う必要があります。

ふるさと納税を行う前に、自分がいくらくらい寄付するのが、実質2000円になるのかを計算しておくことが必要です。寄付上限金額を知らないで幾らでも寄付してしまうと、税金を多く支払うことになってしまいます。

2017年1月1日から12月31日までの所得で計算されますので、もうお給料をもらい源泉徴収票を貰っているならば、その最新の源泉徴収票を使ってシュミレーションしてみてください。

ここから⇒控除シミュレーション



そうすることで、自分のふるさと納税を行う金額の計算ができます。

その金額が出たら、お好きな自治体に寄付をしてふるさと納税を行ってください。


年末に取引を行う方に注意してほしいのは、ふるさと納税は、寄付金額がしっかりと支払われた時が
12月31日ですので決済方法はしっかりと確認してください。


    各自治体によって締め切り期限が異なる


    クレジットカード決済以外は、早めに締め切る場合がある


クレジットカード決済ならば大丈夫だろうと思っている方へ
インターネット上でクレジットカード決済を行った日を受領日とする自治体は多いです。
しかし、自治体によっては自治体への入金日を受領日とするケースもあります。
また、クレジットカード決済であっても12月31日以前に締め切る自治体もあります。


ふるさと納税サイトさとふるのHPでは、
コンビニ支払いでのお申込み
お申込み日ではなく入金した日が寄付の納付日となります。

となっているので、12月31日に申し込みをした場合でも、すぐにコンビニで支払えば間に合うと言うことなのでしょう。しかし、自治体によっては締切日が違う場合があるので遅くに寄付される方は注意して寄付されることを心得ておきましょう。