ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、地方で育った人たちが、都会で働いていることが多いのでその恩返しができるように、地方に納税できる制度があったらいいのではないかということで設けられた制度です。
ふるさと納税とは、納税と言いますが都道府県、市区町村への「寄付」を行い寄附金額の一部を所得税及び住民税から控除してもらう制度です。
ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となっているのです。


総務省HPより引用


寄付する自治体の選び方



寄付する自治体は、自分のゆかりのある土地はもちろん、全く今までかかわりのない場所でも構いません。あなたが応援したい自治体を選んで、その自治体のHPを見て申込みをしたりします。しかし、どこがいいのかあまりよく判らないと言う方は、ふるさと納税を応援しているHPが沢山あります。たとえば楽天やさとふるなど、このような応援サイトを通じてお申込みすると、制度についても判り易く説明してくれていますし、納税をするときにも簡単に申請することができますので、是非ご活用ください⇒応援サイトを選ぶ



確定申告はどうすればいいの?



制度を利用するには、国や役所があなたがふるさと納税を行ったと言うことを伝えなくてはなりません。ですので、確定申告を行うことが必要になります。

しかし、給与所得者等については、ふるさと納税を行うときに最初に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を申請することで確定申告を行う必要がなくなります。

ただし、条件がありふるさと納税を行う自治体の数が5か所以内であることです。
沢山の自治体を応援している場合は確定申告が必要になります。


自分の寄付できる金額はどうやって見ればいいの?



ふるさと納税の寄付は、自分の所得により違ってきます。これは家族ではなく個人で判断するので、お父さんがいくらではなく、あなたがいくら所得があるのかを見ていきます。



お申込みはこちら⇒「さとふる」でふるさと納税!







旬の人気特産品ランキング