ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、誰でもできるというわけではありません。

住民税を納めている人本人が申請して利用する制度です
限度額というものも存在しています。


このように聞くと、堅苦しくめんどくさいように思うかもしれませんが、自分の限度額をしっかりと把握して制度を利用すると、とてもお得にお米、高級なお肉、野菜、魚介類、家電、旅行や体験などが返礼品としてあなたに届くシステムがあります。それとは別に住民税や市民税の控除もあるので、とてもお得な制度です。

この機会に、やり方を覚えて楽しく、幸せな節税を目指してみませんか?


ふるさと納税 返礼品 還元率



大臣によりふるさと納税の扱いがだいぶ変わってきています。これに合わせていかなくてはならない自治体は大変だと思います。そして私たち納税者もどうやって行けばいいのか、お得に楽しく自治体と共にお礼の品を受け取ったり、支援したりできたらいいなと思います。

野田総務大臣が言っていたことをまとめてみると、返礼品の還元率は自治体に任せればいいと言うような以降のようです。それから、返礼品がなくても地域に貢献したいと言う人たちはいること、地方にいる起業家を支援できるような仕組みを作っていきたい。

ふるさと納税がどのように活用されているのかの報告をしっかりしてほしいと言うことを言っているニュースを見ました。今後どのようになっていくのかはわかりませんが、ふるさと納税を通して地域が活性化されていき、日本全体が活気あるものになっていくといいなと思います。

還元率は今のところ、3割で決まってきた雰囲気ではありますが、時間がたてばもう少しゆるくなっていくだろうと言う意見もありますので、今後も見守っていけたらと思います。

ふるさと納税をまだ試したことのない方は、一度トライしてみるといいでしょう。


旬の人気特産品ランキング

ふるさと納税年度末注意

ふるさと納税を年度末に行うときに 注意することはどんなことでしょうか? 年度末と言うことは、制度が変わるという前の日です。 学校や市町村などでは、4月から新学期の様に始まるものがあります。 ですので、それらに伴って 制度が変わる可能性があ

ふるさと納税 納付日 いつまで

ふるさと納税は、その年の1月1日から12月31日までの 1年間の間に行ったものが次の年に還付されます。 利用意向NO1!ふるさと納税 ここで気を付けてほしいのは、 12月31日11時59分59秒までに決済がされていればいいということ

「ふるさと納税」来年6月から見直しへ

2018年12月14日のニュースで、 ふるさと納税の仕組みを来年2019年6月から見直す という方針を打ち出したと報道されました。 来年度の税制改正を議論している自民党が 制度を見直す方針を固めたためにこの報道がなされたようです。 これか

ふるさと納税 損する人

ふるさと納税で損をする人はどんな人でしょうか? それは、 住民税と所得税をしっかり払っているのに ふるさと納税を行わない人だと思います。 せっかく、国が率先して節税方法を教えてくれているのに やらないんですから、もったいないってこ

ふるさと納税ニュース 2018年3月31日

総務省がふるさと納税の返礼品について、また、どうしたらいいのかを提言したようです。 ふるさと納税の返礼品は地場産品がいいというのです。 このことを、これから地方自治体へ通知するそうです。 今までも、返礼品を巡って 豪華すぎるので、3割を

返礼品が届かない

ふるさと納税を寄付して返礼品が来るのを待っているのに 返礼品がいつになっても届かないと焦っている方 ご自分がどこで、どうやって申し込みをしたのか確認してみましょう。 まず、どこから寄付したのかです。 ・各市町村などのHPで直接寄付をした場合

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアム 新しいふるさと納税応援サイトですね。 こちらで見つけたお礼の品でいいなと思ったのが、 29年10月末受付終了ですが D-58 CASIO腕時計「PROTREK PRW-6100Y-1JF」 腕時計ですね。

ふるさと納税 返礼品をやめる自治体が出てきました。

ふるさと納税は、申込みがたくさん出てとても喜んでいる自治体と、収入が赤字になり困っている自治体があるのが今の現状です。そのうえ、返礼品を自分や家族で使わずに転売する人がいて、自治体同士でもかなりの白熱した戦いがあるように感じます。 そんなこともあってか、

ふるさと納税ってどうやって支払いをすればいいの?

ふるさと納税をするのはいいのですが、どうやって支払えばいいのか気になります。 しかも、自分ならクレジットカードを持っているけれど、 父や母は、団塊の世代ですからキャッシュが一番と思っています。 そんな家族のためにも、クレジットカード以外でも支払え

ふるさと納税 ワンストップ

ふるさと納税にはワンストップ特例という制度があります。 この制度を使うと、確定申告が不要になるので税務署に行くのは抵抗があるとか、難しそうだから不安だという人は、ワンストップ特例を利用してみてはいかがでしょうか? ワンストップ特例制度はどうやってやれば
旬の人気特産品ランキング