ふるさと納税は、各自治体へ直接申し込みもできますが、いろいろな都道府県が参加して行っているカタログのようなサイトがいくつかあります。

有名どころでいえば、ふるなび、さとふる、楽天ふるさと納税などでしょうか?!



CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】


このようなバナーを見たことがある方は多いと思います。

いったい何が違うのかというと、支払う場所が違うということと参加している自治体がそれぞれ違います。自治体によってはたくさんの場所に登録しているのですべてに参加しているということもあるかもしれません。後、それぞれの場所においてここだけの返礼品という特別の返礼品を用意する場合もあります。

また、大きな会社であるとキャンペーンがあったりしてよりふるさと納税納税者である私たちへの還元がある場合もあるのです。そうなると、ふるさと納税はどこかのサイトを経由したほうが自治体に直接納税するよりお得であるということになります。

私たちがそれぞれの自治体に行き返礼品を見つけるのは至難の業です。それならば、サイトに登録してその中の検索機能や人々のレビューを通してほしいものを見つけるお得なものを見つけるということはとても簡単で楽しく作業できるのではないでしょうか?


ふるなびでは、アマゾンギフトポイントがもらえたり、さとふるではさとふるキャンペーンがあり、応募して景品が当たることもあります。レビューを書いても当たるキャンペーンもありますね。楽天ふるさと納税では普通にお買い物をしている時と変わらずに操作ができ、楽天ユーザーであれば登録も新たにすることなくポイントが貯まります。

それに加え、どこの自治体にいくら利用したのかも管理画面からは一目瞭然ですから、寄付後の確定申告やワンストップ特例制度についてもすぐに申請を行う手続きができますし、あまり申請についてよくわからないという方には、丁寧な説明コーナーが用意されているので慌てることなく手続きに取り組めるのです。

自分ではよくわからないからと、申請を怠るとふるさと納税は寄付したことになりませんのでこの点は注意していかないといけないのです。






このようなことからも、ふるさと納税はどこかのサイトを利用して始めるのが分かりやすく速いと思います。